整体師の資格を取るなら|夢への努力は惜しまない事が肝心

男性と女性

骨折や捻挫治療の専門家

整体師

柔道整復師は医療系の国家資格の1つで、骨や筋肉などの故障に係る治療を専門に取り扱います。資格を得るには指定養成施設で3年以上学ぶ必要があります。取得後は治療施設に勤務したりするほか、自ら開業することも可能です。

Read More

RECOMMENDED SITES

  • 整体師の資格取得ガイド

    整体師の資格を取得する方法はここで紹介されています。専門の技術を持つことによって独立開業にも近づけられますよ。

国家資格を取得

治療

理学療法士は国家資格ながら高い合格率なのは、適正な試験対策やカリキュラムが設定されているからです。この理学療法士試験は通信教育では取得できず、必ず大学、短期大学、専門学校を卒業していないと受験ができません。そのため、自分にあった学校をしっかりと見極めるべきでしょう。

Read More

体の不調を整える専門家

施術

体の構造学ぶ

骨格のずれや関節の歪みを原因として、体の不調を訴える人が急増しています。このような人達の悩みを真摯に受けとめて体の不調を治す手伝いをしてくれる専門家が整体師です。整体師になるには専門の資格を取得する必要があります。この整体師の資格は、一定時間の座学を受講した後に実技を身に付けると付与されます。専門のスクールに通学して取得することもできますし、通信教育を主にして取得することもできます。いずれの方法にせよ人間の体の成り立ちや体調の不調をもたらす要因について学ぶことになります。こうした基礎知識を身に付けた後に、実際の施術について学んでいきます。体のどの部分が歪んでいるのか、何が要因となって患者が悩んでいるのかを迅速に判断する能力が求められます。

取得後の進路

整体師の資格取得した後には、いくつかの進路を選択肢として選ぶことができます。1つ目が、整体院に就職してスタッフとして働く進路です。先輩や上司の施術を見ながら実践力を身に付けることができるので、多くの人がこの進路を選びます。会社員と同じく月給制で働くことが一般的となっています。スクールが就職活動をサポートしてくれる場合もあります。2つ目が、独立開業して整体師として働く進路です。整体師の資格は手に職を付けたことの証明にもなりますので、これを活かして自分の整体院を開業します。整体院を持たないで、患者の自宅で施術を行う出張整体で生計を立てる人もいます。独立開業の進路を選ぶ人は、自分で営業や経理も行わなくてはならないので留意しておく必要があります。