骨折や捻挫治療の専門家|整体師の資格を取るなら|夢への努力は惜しまない事が肝心

整体師の資格を取るなら|夢への努力は惜しまない事が肝心

レディー

骨折や捻挫治療の専門家

整体師

国家資格が必要な専門職

病気やケガの治療を行う場所と言えば真っ先に思い浮かぶのが病院やクリニックなどの医療機関ですが、実はこれ以外にも治療施設は存在します。整骨院や接骨院と呼ばれる施設もその1つで、一定の要件を満たせば保険診療も受けられます。整骨院や接骨院で提供されている治療技術を、柔道整復術といいます。そしてこの技術を持つ専門家を、柔道整復師と呼んでいます。柔道整復師は厚生労働省が認定する国家資格です。毎年1回行われる国家試験に合格した者だけがこの資格を名乗り、業として治療に携わることができます。柔道整復師は上に挙げた治療施設のほか、病院の整形外科などに所属して業務を行っています。最近は介護やスポーツマッサージなどの分野にも進出しています。

養成校で3年以上学ぶ必要

柔道整復術は、もともと柔道場におけるケガの応急手当をベースにして発達した、わが国独自の伝統医療です。主な適応は骨折や脱臼、捻挫、打撲といった骨・関節・筋肉等に係る故障で、手技を中心として簡単な器具なども使いながら患部を修復・固定し、自然治癒を促します。交通事故等を原因とするむち打ち症の治療もしばしば行われています。柔道整復師の受験資格を得るには、国が指定した大学・短大・専門学校等の養成施設で3年以上学び、所定の単位を修得する必要があります。先に述べた治療技術に関する臨床実習のほか、生理学・解剖学・整形外科学・公衆衛生など幅広い分野における知識を身につけます。養成施設は全国に100校あまり存在します。