国家資格を取得|整体師の資格を取るなら|夢への努力は惜しまない事が肝心

整体師の資格を取るなら|夢への努力は惜しまない事が肝心

レディー

国家資格を取得

治療

4年制での専門学校も

理学療法士として働くには、3年制の専門学校か短期大学、もしくは4年制の大学で必要科目を履修し、理学療法士国家試験に合格する必要があります。この国家試験の合格率は概ね「70%から80%程度」となっています。国家資格でありなら高い合格率なのは、各学校共にしっかりと理学療法士試験に向けたカリキュラムを組んでいるからなのです。ただ国家資格なので、学校の授業はもちろん、日々の勉強を怠っていては合格は難しいと考えたほうがよいでしょう。ただ、最近では専門学校が3年制の他に4年制を取り入れている学校も出てきています。しっかりと勉強期間を設け合格率を上げる事はもちろん、理学療法士と共に人気のある作業療法士の資格も同時に取得を目指す学校もあります。

学ぶ内容

専門学校で学ぶ内容は高校までの勉強とまったく違ってきます。一般的な専門学校でのカリキュラムは1年次は、医療や医学に関わる基礎的な科目が中心となります。2年次になり理学療法、物理療法などより応用がかってくる問題や内容の勉強をしていきます。1年次の土台の医療の勉強をしっかりとしておかないと2年次の勉強についていけなくなる可能性があるので要注意です。そして、3年次になって実習期間が設定されています。このように1年次で基礎、2年次応用、3年次は実習と国家試験対策が通常の流れです。医療や医学の知識は今まで身近ではないため、1年次の勉強は特に大切です。各専門学校とも、理学療法士の合格率を上げるためEラーニングなど、様々なサービスをしてくれています。これらを積極的に利用して、試験に臨むべきでしょう。